子犬にヨーグルトを食べさせると危険?

子犬にヨーグルトを食べさせても良い?

 

便秘や下痢などといった便のトラブルは
子犬でも引き起こします。

 

そんな場合に、
腸内環境を整えるためや予防として
子犬にヨーグルトを与えてもいいのでしょうか?

 

子犬にヨーグルトを食べさせると危険?!
ヨーグルトを与えるメリットや注意点をまとめてみました。

 

子犬でもヨーグルトを食べられる?

猫壱 ハッピーダイニング 脚付フードボウル 犬柄・犬用 シリコン付き 犬

犬にヨーグルトを食べさせてもいいのでしょうか?

 

その答えはOKです!!

 

では子犬の場合でも
ヨーグルトを食べさせてもいいのでしょうか?

 

その答えは、子犬でもOKです!!

 

ヨーグルトに含まれる成分は
子犬でも成犬でも人間と同じように
腸内環境を整えてくれる役割をしてくれます。

しかし、同じ乳製品である牛乳は
与えてはいけませんので注意が必要です。

 

ヨーグルトと牛乳は違います!

犬に牛乳を与えてはいけないことを
知っている愛犬家は多いかと思います。

 

犬は牛乳に含まれる「乳糖」という成分を
消化吸収することができないため、
体内に入ると下痢をしたり体調を崩すことがあります。

 

しかし、
ヨーグルトは乳糖が分解されているため、
同じ乳製品であっても適量であれば与えても問題ありません。

 

また、
人間用の牛乳は与えられませんが、
犬用ミルクは与えることはできます。

 

子犬がヨーグルトを食べるメリットとは?

子犬がヨーグルトを食べるメリットは以下の3つのことが挙げられます。

  1. お腹の調子を整える
  2. 消化不良や食欲不振を解消できる
  3. ウンチの臭いを抑える

 

お腹の調子を整える【子犬がヨーグルトを食べるメリット】

ヨーグルトを食べると腸内の善玉菌が増え
便秘や軟便といった便の不調を改善し、
腸内環境を整える役割をします。

また、腸内環境が整うことで
犬の体の免疫力が高まり、
感染症やウイルスなどに対する抵抗力が高まります。

 

消化不良や食欲不振の解消【子犬がヨーグルトを食べるメリット】

子犬は
胃や腸で消化不良が起きていると、
食欲がなくなることがあります。

 

普段食べているフードに
ヨーグルトを適量かけることで
消化不良を改善するだけでなく、
食欲も取り戻すことができます。

 

ウンチの臭いを抑える【子犬がヨーグルトを食べるメリット】

腸内環境が悪くなっている子犬のウンチはとても臭います。

ヨーグルトを食べて善玉菌を増やし
腸内環境が改善されれば
ウンチの臭いを抑えることができます。

 

子犬にヨーグルトを食べさせる際の注意点は?

子犬にメリットのあるヨーグルトは
与える際に3つの注意点があります。

  1. 与える量
  2. ヨーグルトの種類
  3. 食後の様子

与える量【子犬にヨーグルトを食べさせる際の注意点】

子犬の体にいいとされていても
たくさん与えればいいというわけではありません。

初めてヨーグルトを与える際は
飼い主の指先につけたものを
1回与える程度がおすすめです。

その後は徐々に量を増やしていきましょう。
※量を増やすといっても、子犬の場合は、多くても小さじ半分~1杯程度が適量です。

 

ヨーグルトの種類【子犬にヨーグルトを食べさせる際の注意点】

子犬に与えるヨーグルトの種類は
必ず砂糖が含まれていないものを与えましょう。

また、脂肪が気になる場合には
脂肪分0のヨーグルトを選んでもいいです。

 

食後の様子【子犬にヨーグルトを食べさせる際の注意点】

ヨーグルトによって
含まれている菌の種類が違うので
そのヨーグルトが
子犬の体質に合っているのか、
食後の様子を見守りましょう。

特に、便の様子を必ずチェックしてください。

 

 

最後に

子犬にヨーグルトを食べさせることは危険ではありません。

 

しかし、体にいいからといって与えすぎては
下痢や体調不調を引き起こす原因になることも十分あります。

 

適量与えることが子犬の体に
様々なメリットをもたらしますので、
その適量を飼い主が見極めて与えるようにしましょう。

 

おすすめの記事